どんな病気なのか|腸閉塞の可能性がある人は早めに治療をしましょう

腸閉塞の可能性がある人は早めに治療をしましょう

どんな病気なのか

ナース

どんな特徴があるのか

メニエール病というのは、めまい発作を繰り返す耳の病気です。めまいの間隔や時間には個人差があり、4〜5分程度で治まることもあれば、何日も続くこともあります。メニエール病の最大の特徴といえば、自分や周囲のものがグルグルと回るようなめまいでしょう。寝ていても頭を動かせばめまいがしますし、立っている場合にはフラつきます。また、ゴーゴーという感じの大きな耳鳴りや難聴が現れるのも特徴で、これらはメニエール病の3大症状と言われています。こうした症状というのは、発作が治まればその後しばらくはなんともありません。しかし、いつ発作が起こるか分からないといった特徴もあります。そのため「いつ発作が起こるのか」という不安を抱える人も多く、一種の強迫観念がストレスになってしまう人も少なくないのです。ですがメニエール病は生命に危険を及ぼす病気ではありませんので、あまり考え込まないことが大切です。

今後の治療の予測

メニエール病の治療というのは、鎮痛剤やビタミン剤、精神安定剤などの投薬が主となっています。酷い難聴が現れた場合などは、手術による治療が行われることもあります。このようにメニエール病の症状についての治療というのは、当然ですが行われています。ですがメニエール病の場合には、大きな不安感を持つ人も多いのです。そこで今後はこうした症状の治療だけではなく、心のケアも重点的に行うようになっていくのではないでしょうか。というのもストレスから症状悪化させてしまうこともありますし、心身症が現れてしまうこともあります。ですのでそうした事態を避けるためにも、症状の治療と心のケアとが、セットになったような治療が行われても不思議ではありません。